一生を共にするパートナー探しは結婚相談所で見つけよう

結婚につなげる

婦人と男の人

簡潔に

合コンは、多くの出会いを期待できるため婚活目的で参加する人が多くいます。結婚相手と出会うために合コンに参加することは、とても意義のあることですが、しっかり結果を出すためには第一印象を良くすることが大切です。第一印象の良し悪しを決めるのは、髪型や服装も大事ですが、自己紹介も大きな割合を占めます。簡単に思えて難しいのが自己紹介で、これに失敗して、せっかくの出会いを無駄にしてしまう人も少なくありません。失敗する原因はさまざまありますが、その多くは長時間話し過ぎることです。ただでさえ、話しの長い人は煙たがられるのに、合コンの初っ端から長い自己紹介をされては、場の雰囲気が壊れ、悪い印象だけが残ります。ただ、長い自己紹介の後に大きなオチがあったり、自慢話に終始しない内容のある話題の場合は、かえって好印象を持たれるでしょう。また、長く話すということはその分情報量が多く、余計なことを話してしまいます。これまでの経歴から自慢話までしてしまっては、自己紹介だけで相手はおなかいっぱいになります。情報を小出しにしなければ、人は興味をそそられないものなので、長ければ長いほど損をします。合コンで自己紹介する際は、簡潔にまとめて1分以上続けないことが大切です。それから、話し方が原因で自己紹介に失敗するケースもあります。声が小さすぎたり、早口すぎたりすると相手は聞き取り辛く、親しみにくい人と判断されてしまいます。自己紹介するときは、相手が聞き取りやすいように話すことを意識しなければいけません。これらに気をつければ第一印象が良くなり、出会いを無駄にせずに済みます。